いくら大きくて評判のいい工場と取引をしていても、結局は「人と人」なんだなって思います

デザイナーをやっていて、良かった瞬間は?

やっぱり、自分がデザインした服を着ている人を、街で見かけた時が一番嬉しいですね。雑誌掲載も嬉しいですが、実際に着ている人とすれ違った時には思わず声をかけたくなります。…かけないけど(笑)。

大変だったことは?

基本的に楽しいことばかりですが、体力勝負なところはありますね。ただデスクでパソコンを操作して、それで終わる仕事ではないので。展示会や工場へ行ったり、あるいは海外へ行ったり。常に自分の足を動かして、人とコミュニケーションを取ることがいちばん大切なんです。私は体力には自信があるので(笑)、その点ではよかったなと思っていますね。

では最後に、monicaの読者へアドバイスをお願いします。

どんな仕事でも、結局は「人と人」なんだなって思います。例えば、取引先の工場へ行って打ち合わせをすることも多いんですけど、いくら大きくて評判のいい工場でも、結局はその担当者と上手くいかなかったら、いい商品が作れない。その点、私は周りの人に恵まれていると思っています。人と人との繋がりを是非、大切にしてください。

今日の着こなし

今シーズン、Ray BEAMSは「アンバランス」をテーマに掲げています。例えば、かなり大きめのサイズにしたり、アシンメトリーのデザインとか、異なる素材のミックスとか。既存のルールやバランスを崩したアイテムが揃っています。トレンドカラーは、ピンクやベージュ、ブラウン。今日私が着ているベージュのトップス(¥16,000+Tax/アールビーエス)と、ピンクのベッチンのキルティングを使ったボトムスもそうです(¥20,000+Tax/アールビーエス)。
これまでの、枠にはめられたコーディネートのルールを取り払って、好きなものを好きなように着てみて「アンバランス」になってほしいですね。

img_2831

シューズ ¥10,000+Tax/コンバース×ビームス

今シーズンのイチオシ

img_2800

ニットはレイヤーになっていて、後ろが開いているデザイン。チュールを全て被せています。後ろと前、どちらでも着られるのがポイントです。

img_2798

プリーツで切り替わったバックデザインが目を引くニット。こちらは、黒と白の2色を用意しています。

リブニット¥16,000+Tax/アールビーエス
リブマフラー¥12,000+Tax/アールビーエス
バックプリーツ キリカエニット 黒、白各¥17,000+Tax/アールビーエス