海外ブランドや大手百貨店などの有志が集結

img_about_01

pixta_23238471_m

JASPAとは、「JAPAN SALES PROFESSIONALS ASSOCIATION」の略で、「一般社団法人 日本プロフェッショナル販売員協会」のこと。
http://jasp-association.jp/

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン取締役エマニュエル・プラット氏を理事長に、エルメス・ジャポン、三越伊勢丹ホールディングス、ワールド・モード・ホールディングス、高島屋、シャネル、大丸松坂屋百貨店などの代表取締役が理事になっています。現在、正会員が58社、正会員グループが35社、賛助会が9社、あわせて102社からなる協会です。

協会の活動の軸となる3つの柱

「JASPA」は販売員の地位を向上させ、販売の魅力を広く世に伝えることを目指す団体です。こうした主旨に賛同した多くの国内外ファッションブランド、百貨店などが集まり、発足に至りました。協会の活動の柱は次の3つです。

①販売員の魅力を積極的に業界内外にPRする。

②専門スキル向上のための各社社内教育プログラムを補完するセミナー・研修を実施する。

③販売のエキスパートとしての資格制度を導入し、販売員の質の向上を目指す。

img_2447-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

スキル向上のために用意された2つのタイプのプログラム

「専門スキル向上のための各社社内教育プログラムを補完するセミナー・研修の実施」のために、プロジェクトチームが結成されています。そのメンバーは、いずれも一線で活躍するトレーニングのプロフェッショナルたちです。具体的には、「教養プログラム」と「スキルプログラム」の2タイプのプログラムが用意されています。

「教養プログラム」は、「文化・芸術・歴史・経済・政治など、一般教養について学ぶプログラム」で、以下のようなコンテンツがあります。
 

①『Art Tour ~ゴッホとゴーギャン展~』2016年11月2日開催/東京都美術館(上野)
キュレーターの解説を聴いた後、「ゴッホとゴーギャン展」を鑑賞しました。

②『インバウンド・カスタマー・マネジメント』2017年2月開催予定/開催場所・未定
2020年に向けて更なる増加が予想されるインバウンド需要に対応できる接客術を学ぶ。インバウンド顧客の多いショップに勤務する店長による実際の現場での事例や、ノウハウを聴くパネルディスカッションも。

③『歌舞伎で感性を磨く』2017年2月開催予定/歌舞伎座
歌舞伎に関する理解を深める企画の後、歌舞伎座での歌舞伎の鑑賞。

 

pixta_13954855_s

スキルプログラムは、「マナー、ホスピタリティ、対応力」などを強化するプログラムで、以下のようなコンテンツがあります。
 

①『Back to The Basics』
原点に戻り、販売員としての魅力向上を目指すプログラム。株式会社BRUSHの秋山恵倭子さんをトレーナーとし、立ち居振る舞い、身だしなみ、販売員としてのマインド等を学ぶ。

②『クレーム・マネジメント』

ネガポジの益田麻美氏を講師に迎え、クレーム対応のノウハウを学ぶ。様々なクレームが持ち込まれる現場で、お客様の信頼をキープする上手な対応方法を学ぶ。

 

pixta_23713222_s

初心に戻り、立ち居振る舞いなどを確認することが大切

「JASPA」がどういうものか、お分かりいただけましたか? 販売員として長く業界で働くために、またプロフェッショナルとしてのキャリアを積んでいくためにも、ぜひ関心を寄せていただければと思います。興味を持った方は、下記URLからさらなる情報をチェックしてみましょう!