TOEICのスコアとそのスキルの基準

外資系アパレル企業への転職に有利なTOEICのスコアのレベルを調べてみました。

TOEICスコア500点
販売の仕事に必要な英会話を習得したいと考えている人は、最低限クリアーしたいスコア。
外資系企業が新卒社員に期待するのはこのスコア以上といわれています。

TOEICスコア600点
外資系企業が中途採用の基準としているレベル。

TOEICスコア700点
外国人の上司と日常的にコミュニケーションが必要な人はクリアーしておきたいスコア。
企業の国際部門はこのレベル以上を求めるケースが多いです。英語で最低限の会話ができ、ビジネス会話もほとんど支障がないでしょう。

TOEICスコア800点
海外への出張や海外赴任を任されるレベル。
ネイティヴとのコミュニケーションも問題ないと言われます。

TOEICスコア900点
ネイティヴとの複雑なディスカッションも難なくこなせるレベル。
このスコア取得を目標に勉強するのもよいでしょう。

英語をスキマ時間に勉強。日本初の「英語応対能力検定」も

もし、外資系企業への転職を視野に入れ、英語のスキルを身につけたいと考えているなら、まずは面接に有利なTOEICのスコアを目指す努力も必要でしょう。今ではスカイプを利用したワンコインで受講できる英会話スクールの他、通勤時のスキマ時間に勉強できる英語ラーニング用のスマホアプリもリリースされています。空いた時間に英語を勉強するなら、こういったツールを利用してみるのはいかがでしょう。

%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%bf%9c%e5%af%be%e8%83%bd%e5%8a%9b%e6%a4%9c%e5%ae%9a-https___otai-kentei-com_

さて、日本では2017年3月、第1回「英語応対能力検定」が行われる予定です。訪日外国人と応対する機会が多い現場や、街中で実際に使われる会話に焦点を絞った英語を磨きたい方はチェックしてみるのも良いでしょう。