アパレル業界で就職活動をする場合、
面接のときのファッションはどうすれはいい?

pixta_12272299_S

面接の服装はどの業界も「スーツ」が一般的。しかし、最近では私服での面接を行う企業も増えました。
アパレル業界の面接時は基本的に私服で行われますが、ファッションを扱う業界だけに、面接でも「自分らしさが表現された服装」が求められるはず。
当日はどのようなファッションで面接会場に行けばよいのか、考えてみましょう。

「がんばったファッション」より雰囲気作り

面接はあなたの第一印象、服装をしっかりとチェックする場。面接官は限られた時間内であなたを観察しています。

ブランド(扱っているファッション)とイメージが合っているか、ファッションにどのくらい関心があるか、売り場で好感度の高い接客ができる人か、

とくに、アパレル企業にとってブランドのイメージは大切。「人は見た目で9割決まる」といわれるように、第一印象を大切にする人は多いです。

面接官とのコミュニケーションも大切ですが、その企業のイメージに合った雰囲気作りは企業が採用を考える場合、重要なエッセンスとなります。

こんな服装はNG

リクルートスーツ
アパレル企業で働きたい人の場合、無難なリクルートスーツは避けましょう。会社によっては「スーツ・私服のどちらでも可」のところもありますが、アパレル企業で働きたい場合は「ファッションが好き」ということが大前提です。スーツであればブランドのカラーに合うものを。リクルートスーツを選ぶと「服に興味がない人」と思われてしまうでしょう。

ラフすぎる格好
面接は私服OKという企業でも、カジュアルすぎる服装で臨むのはおすすめできません。
流行だからといっても、汚れと紙一重のダメージ加工のファッションやラフすぎるサンダルなど。つまり、人が不快感を示すような格好はNGと考えておきましょう。

競合他社のファッション
これは言うまでもなく、ほとんどの会社が引いてしまうでしょう。とくにロゴが目立つアイテムを身につけていると「本当に、うちのブランドに興味があるの?」と不快に思われてしまうかもしれません。

pixta_15480723_S