ビックメゾンのデザイナー交代劇が、ついに終焉!?

昨年からビッグメゾンブランドのデザイナー退任が噂されているなか〈バレンシアガ〉、〈サンローラン〉、〈ランバン〉の後任が決定しました。

“ヴェトモン旋風”を巻き起こしたデムナ・ヴァザリアが〈バレンシアガ〉に就任

今、最も話題を集めているブランド〈ヴェトモン〉。ストリート感とモード感をミックスさせたスタイルは、セレブからの人気も高く、カイリー・ジェンナー、セレーナ・ゴメスらが、ビックサイズのフーディやMA-1を着ている姿が度々パパラッチされるほど。

demna-gvasalia-mode-design-balenciaga-1-640x360-1

(出典:http://www.zeit.de/)

 

3_rect490-1

〈ヴェトモン〉のジャージセットアップを女性らしく着こなしたセレーナ・ゴメス。(出典:http://goo.gl/Rryt7K)

6_rect490

〈ヴェトモン〉のロゴ入りフーディを主役に、全身を黒でまとめたカイリー・ジェンナー。(出典:http://ellegirl.jp/article/celeb-snap-hoodie_160316/06/)

そんな、今最もアツい〈ヴェトモン〉のデザイナー、デムナ・ヴァザリアが〈バレシアガ〉のアーティスティック・ディレクターに就任したとあって、注目度、期待度は抜群。就任後、初お披露目となった2016-17秋冬コレクションでは、クチュールとストリートという相反する要素を融合させ、“新生バレンシアガ”を誕生させました。

166013

〈バレンシアガ〉2016-17秋冬コレクション。
(出典:http://www.fashion-headline.com/article/2016/04/06/14173.html)

カリスマが去った〈サンローラン〉を託されたアンソニー・ヴァカレロ

クリエイティブ・ディレクターとして、4年間〈サンローラン〉のみならず、ファション業界を牽引してきたエディ・スリマンの退任が発表され、後任に指名されたのは、アンソニー・ヴァカレロ。

untitled-article-1459776410

(出典:https://i-d.vice.com/)

〈フェンディ〉のカール・ラガーフェルドの下で修行を積み、2015年から〈ヴェルサス ヴェルサーチ〉のクリエイティブ・ディレクターに就任したヴァカレロ。時代にあったモードを提案したスタイルは、新たなブランドイメージを生み出し、高い評価を得ることに。彼が手がける〈サンローラン〉の発表は2017年春夏コレクションからですが、これからどんな新風を巻き起こすのか注目が集まっています。

Anthonyvaccarello_1

写真左から〈アンソニー・ヴァカレロ〉 2014-15秋冬プレタポルテコレクション、2015年春夏プレタポルテコレクション、〈ヴェルサス ヴェルサーチ〉2015年春夏プレタポルテコレクション。(出典:http://goo.gl/JDX1tf)

パリ市長をも巻き込んだ〈ランバン〉のデザイナー交代劇

14年間に渡り、〈ランバン〉のクリエイティブ・ディレクターを務めてきたアルベール・エルバスの退任が発表されたのは、昨年の10月。上層部との確執が噂され、パリ市長までもが懸念を表明する大事に発展。エルバス退任後、初となる2016-17秋冬コレクションは、デザインチームが手がけることに。長らくクリエイティブ・ディレクター不在の状況が続いていた〈ランバン〉も、今年に入ってようやく後任としてブシュラ・ジャラールの起用が正式発表されました。

160311-lnvn-002

(出典:https://goo.gl/drJFgG)

10年間〈バレンシアガ〉のデザイナーだったニコラ・ジェスキエールに師事し、2010年には自身の名を冠したブランドをスタート。パンツルックやタキシードジャケットなどハンサムかつエレガントな女性のスタイルを提示してきたジャラール。デビューを飾るのは、2017年春夏コレクションから。どんな〈ランバン〉を提示するのか、期待が高まります。

bouchrajarrar02

〈ブシュラ・ジャラール〉2016春夏オートクチュールコレクション。
(出典:http://goo.gl/5CqbNr)